マグミット市販薬について

マグミットは腸の内側の圧を高めることで腸の外の水分を集めて腸の中にあるものを柔らかくして膨らませ、
腸管を広げて排便を促す薬です。作用が穏やかで即効性に欠けますが、その文副作用も少ないので妊娠中の
便秘対策に病院から処方されることが多い薬と言えます。
マグミットは、妊娠中の女性の便秘にもよく使われるお薬です。

安全とはいえ全く副作用がないというわけではなく、用法用量を間違えると下痢の原因になったりしますので、
特に妊娠中で服用するときには注意して用いることも大切です。

マグミットは処方薬なので、原則は医師相談して妊娠中の胎児や体への影響がないことを確かめてから使用する
べきですが、マグミットは酸化マグネシウム剤です。マグネシウム剤として市販で販売されているものとほぼ同じ
なので、薬剤師に尋ねて購入すればほぼ同じ成分が手に入ります。

医師から一度マグミットを処方された方で急いで薬のみを購入したい場合には市販のものも良いかもしれませんが、
やはり多量摂取は危険なので注意が必要です。

便秘薬そのものは大脳からの生体反射とは無関係に便を排泄するものです。便秘を繰り返して便秘薬を飲み続ける
うちに、大脳の排便に関する条件反射やいきむことがないために腸の筋力が徐々に弱まるなどの弊害が出てくる
ことも考えられますので長期利用はよく考えましょう。

妊娠中、特に8ヶ月を過ぎる頃からの便秘対策としては、こまめに疲れない程度に運動を心がけること。
そして食事の内容を考えて適量をとること。市販のマグミットなどの便秘薬も きちんと用量を守って利用すること
です。